サントリー生ビールのお話

スポンサーリンク
サントリー生ビール ビール
この記事は約4分で読めます。

こんばんは。自炊をしているため日常的にサランラップを使い、サランラップの消耗の早さにビックリする筆者です。サランラップをまとめてストックすればいいのですが、過去にサランラップが一つ100円で買えた時代に大量にストックを持ちすぎて、サランラップが経年劣化で使えなくなってしまったので、そのことによりサランラップの大量のストックを持たないことにしております。

どんな経年劣化になるかと申しますと、サランラップの色が黄色く変色し、ラップが固まって剥がれなくなります。お酒とは全然関係のない書き出しになりましたが、今回は去る2023年4月4日にサントリーから発売されたサントリー生ビールのお話をしたいです。

・サントリー生ビールとは…

2023年4月4日にサントリーより発売された新作ビールです。

以下、引用です。

 サントリー(株)は、“グッとくる飲みごたえと、かつてない飲みやすさ※1”を両立した「サントリー生ビール」を4月4日(火)から全国で新発売します。

※1 自社内において

 近年、ライフスタイルや価値観が変化する中、これからの時代のビールを目指し、徹底的にお客様の飲用実態やマインドを調査した結果、ビールは「明日へ進む力をくれる存在」ということがわかりました。
 また、ビールに求める価値として、これまでと変わらず一口目のおいしさが重要であることに加え、「家族や友人と会話を楽しみながら」「時間をかけてゆっくり食事を楽しみながら」など、以前より時間をかけてビールを飲むといった変化も見られました。

 今回、これからの時代のお客様のニーズを踏まえた新商品「サントリー生ビール」を発売することで、ビール類市場のさらなる活性化を目指します。

引用元:サントリー公式ページ

・どこで買えるか…

他のサントリー商品(ザ・プレミアム・モルツ、etc.)が売られているコンビニ、スーパー、そして酒類のディスカウントストアやネット通販などで購入可能です。ちなみに当方は、毎度お馴染みの近所のイトーヨーカドーで購入しました。

・味、感想…

シルバーを基調としたパッケージです。パッケージの一番上と一番下に青い文字で「SUNTORY」と書かれています。パッケージの中央はクリーム色(もしくは生成り色…?)の帯があり、帯の中には「サントリー生ビール」、さらにその下には赤い文字で「トリプル生」と記されています。

サントリー生ビール

ピカチュウ先生にご登場頂きます。

薄めの黄色に白い泡です。ほのかにホップの香りがします。あくまで「個人的な感想」ですが、サッポロサクラビールアサヒ ザ・リッチリニューアル版と同じような味がします。何をお伝えしたいのかと申しますと、アルコール溶剤の強い味です。紙パックの安い日本酒、安いワイン、そして大容量の普及版の焼酎に見受けられる味です。口に入れた瞬間は、まろやみを感じますが時間が経過するにつれて苦み強くなります。比較的、苦みの強いビールです。

グラスに注いだサントリー生ビール(その1)
グラスに注いだサントリー生ビール(その2)
グラスに注いだサントリー生ビール(その3)

とても残念な味のビールです。サントリーは、ワールドクラフトのように美味しいビールが作れるのに、新製品がこんな味では非常に残念でなりません。ビールを色々と飲み比べていると言えるのですが、何ヵ月かに一回はアルコール溶剤の味が強いビール(ないしはビール系飲料、発泡酒も含めて…)に出くわします。これも個人的な考え方になり大変恐縮なのですが、残念な味のビールを飲むとすごく悲しい気持ちになります。

サントリー生のキャッチコピーに「一日の終わりをハッピー」に記されていましたが、これを飲んだら、一日の終わりが映画「セブン」ばりの「バッドエンド!!」になるよと言いたいです。

色々な方々がビール造りに携わっているので、仕方がないのかもしれませんが… 悲しい気持ちにさせてくれるビールを飲んだ後は、おいしいビールを飲みたい気持ちになります。

話は少し脱線しますが、近所のイトーヨーカドーでセブンプレミアム 金のビール・贅沢<生>が特売品コーナーに追いやれれているのを目撃したので、それの販売終了を薄々と感じました。今回のサントリー生ビールを生産するのであれば、こっちを作り続けた方がよっぽど多くのビールファンが幸せになるのになぁと思いました。(サントリーとセブン&アイホールディングスの契約の兼ね合いなどもあるかもしれませんが…)

ご興味のある方は、話のネタ程度に一度は飲んでみてもいいかもしれないです。好き嫌いが分れる味なので、別にムリして飲まなくてもOKかと思います。

愚痴っぽい話になって恐縮ですが、愚痴りたくなるような味のビールも存在するということで…

また見に来てくださいね。