キリン・スプリングバレー・豊潤<496>のお話

スポンサーリンク
クラフトビール
この記事は約3分で読めます。

こんばんは。ナスが採れる時期ということもありますがナスが安いので近頃はナスの料理をよく食べている筆者です。

今回は「キリン・スプリングバレー豊潤<496>」のお話をしたいです。

・キリン・スプリングバレー・豊潤496とは…

以前、ご紹介した「キリン・スプリングバレー・シルクエール<白>」の姉妹品です。ご存じの方も多いかと思いますが、豊潤<496>の方が先に発売されております。発売されたのは2021年3月23日です。

以下、引用です。

キリンビール株式会社(社長 布施孝之)はクラフトビールの新商品である「SPRING VALLEY 豊潤<496>」の缶商品を3月23日(火)より全国で発売します。缶商品の発売に先行して、3月1日(月)からは「Tap Marché(タップ・マルシェ)」(3Lペットボトル)、「スプリングバレーブルワリー」直営店(15L樽)でも提供を開始します。

公式ニュースリリース

・なぜ<496>という数字なのか…

公式ページの情報によりますと古代ギリシャでは「完全数」と呼ばれる数字で、1から31まで順に足すとその合計が496となるそうです。

以下、引用です。

<496>という数字は、とても特別な数字なのです。数学の世界では“完全数”と呼ばれ、哲学が盛んだった古代ギリシアでは神聖な数字と崇められていました。

スプリングバレー公式ページより

・どこで買えるのか…?

大雑把な書き方で大変恐縮ですがキリンビールを取り扱っている店舗(コンビニ、スーパーなど)であれば大体のお店で取り扱っていると思います。一番搾りの取り扱いのあるお店なら九分九厘あると言い切れるような気がします。シルクエール<白>が発売される前は、一番搾りと並んで置かれていたのをよく見た記憶がありますが、それが発売されてからは姉妹品ということもあり、売り場では一緒に並んでいる光景をよく見かけます。

・味、感想…

パッケージは赤いメタリックカラーを基調とし金色の楕円形が描かれています。クリーム色の帯に「SPRING VALLEY」と書かれています。アルコールの度数は6%です。

キリンスプリングバレー豊潤496

ピカチュウ先生にご登場願います。濃いめの黄色に泡も黄色味を浴びた色合いです。口に入れると柑橘系の香りと味わいが楽しめます。調べたところによりますと5種類のホップを使用しているとのことでして、5種類のホップから紡ぎだされるハーモニーなのかもしれません。のどを通り過ぎるとまた更に欲しくなる味です。

グラスに注いだキリンスプリングバレー豊潤496(その1)
グラスに注いだキリンスプリングバレー豊潤496(その2)

飲んでペールエールかなぁと思いましたが、こちらも公式ページからの情報によりますとIPL(インディアペールラガー)と呼ばれるビアスタイルだそうです。IPLというスタイルは、今回初めて知りました。ビールの世界は奥が深いですね。

スプリングバレーの公式をページを見るとキリンビールの意気込みとこだわりが伝わってきます。

今回はシルクエール<白>を載せたのであれば、姉妹品である「豊潤496」を紹介した方がまとまりがいいかなぁと思い、今回チョイスしました。

こちらから購入可能です。


また見に来てくださいね。

タイトルとURLをコピーしました