HUBで飲んだ時のお話

スポンサーリンク
お店のお酒

こんばんは。エアダスターを買ったのですが、面白がって色々なところに使っていたら、思いのほかガス欠になったことに早いやことに驚いてしまった筆者です。

今回は、またで恐縮なのですが、スマホの画像を整理していたら面白いものが出てきたので、その時のお話をしたいです。HUBに行った時のお話です。

・HUBとは…?

チェーン店の英国風PUBです。PUBだとこ洒落た感じなので、個人的に感じた書き方をしますと英国風「立ち飲み屋」の方がしっくり来ます。

以下、公式ウェブサイトからの引用です。

HUB【hʌb】=ハブ

車輪の中心。転じて人の集まるところ。

仕事を終えたビジネスマンたちが集まってくる。ビール片手につまみはフィッシュ&チップス。

2杯目はギネスにしようか?ハブエールにしようか?

おしゃべりに興じ、音楽に耳を傾け、気の合う仲間たちと過ごす夜はあっという間に過ぎていく。

年齢も職業も性別も違う人々が自由に集まり、それぞれの楽しみ方で素の自分に戻れる場所。

それが、英国PUB HUB(ハブ)

引用元 HUB公式ウェブサイト

お酒好きならば、心ときめく紹介文ですね。

・どこにあるのか…?

個人的な感覚で東京都と埼玉県に限定して申し上げますと、繁華街に行けば大抵あるような気がします。さすがにそれでは、答えにならないので、HUBの公式ウェブサイトへのリンクを張っておきます。

HUB店舗一覧

・感想

賑やかで楽しいです。異なる地域の何店舗かに行ったことがありますが、地域ごとの対象年齢層とエリアによって、客層と店内の雰囲気がガラリと変わります。若者が多いエリアであれば、賑やかで客層も若く日や時間帯にもよりますが、ナンパ目的の男性客が多かったりします。また店舗がオフィスビル内に構える場所であれば、落ち着いた静かな雰囲気の中で大人のお酒が飲める場所という感じだったり。

個人的には、後者の雰囲気が好きです。

行ったときに飲んだのは、こちらの都合で画像に修正がかけて合って分かりにくいかもしれませんが、1リットルタワービアです。目盛の入った1リットルシリンダーにビールがたっぷり1リットル注がれており、見た目のインパクトもさることながら、大量のビールを楽しむことが出来ます。ビール好きにはたまらない一品です。

コロナ禍でHUBの経営状態も大変らしいので、ここは苦境を乗り越えて欲しいです。機会があれば、また行きたいです。

※注意:緊急事態宣言の関係で東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の関東地方の4都県と大阪府、京都府、そして兵庫県の3府県が現在、休業中です。行かれる際は、公式サイトでご確認願います。

また見に来てくださいね。

タイトルとURLをコピーしました