ダイニングカフェ・イゼルローンフォートレスに行った時のお話

スポンサーリンク
お店のお酒

こんばんは。先日とあるニュースでアメリカ・メジャーリーグの大谷翔平選手の野球カードがオークションで日本円にして約2,000万円相当の金額で落札されたという報道を知り、びっくりした筆者です。2,000万円という値段にもなるとコレクションというよりも投機の対象なのかなぁという感じが素人ながら感じました。

お酒とは関係のない書き出しで恐縮ではありますが、今回のお話をしたいです。整理していたスマホの画像からのネタで恐縮なのですが、過去に行った東京・上野にあるダイニングカフェ・イゼルローンフォートレスでのお話をしたいです。

・ダイニングカフェカフェ・イゼルローンフォートレスとは…?

小説家の田中芳樹氏が書いた長編小説「銀河英雄伝説」をモチーフにしたコンセプトカフェです。東京・上野にお店はあります。出てくる料理やお酒のメニューは銀河英雄伝説の登場人物をイメージにした、あるいは作中に出てきた料理やお酒で来訪者をもてなしてくれる銀河英雄伝説のファンであれば、夢見心地の気分が味わえるダイニングカフェです。

お店の雰囲気は、大人の雰囲気の漂う落ち着いた感じです。銀河英雄伝説にちなんだ料理やお酒をさながら作中の登場人物たちになったつもりで、堪能することが出来ます。

・どこにあるのか…?

東京・上野にあります。もし地方の方々がご覧になられた場合、そういう表現の仕方では分からんという方々もおられるかと思いますので、もう少し厳密に書くのであれば、東京都台東区です。

以下、公式HPからの所在地の引用です。

東京都台東区上野2-1-9 GAOH黒門ビル2F

引用元 イゼルローンフォートレス

・レポート、感想

イゼルローンフォートレスは、完全予約制の店舗でしたので来店前に事前の予約が必要でした。入店し、席に案内をされると所属を自由惑星同盟か銀河帝国なのかを尋ねられます。私は銀河英雄伝説という物語の中では、ヤン・ウェンリー(主人公の一人)が大好きなので、自由惑星同盟と答えました。

余談ですが、ラインハルト陣営が好きな場合は、「銀河帝国」と答えてくださいとお伝えするのはいうまでもありません。

話は前後しますが、お店の方から席を案内するとお店のノベリティグッズをプレゼントされます。プレゼントの内容は銀河英雄伝説の作中の貨幣をイメージしたコインと期間限定のポストカードなどです。

まず飲んだのは、こちら「自由惑星同盟推奨ライトビア」です。中身はアサヒスーパードライです。よく冷えたグラスにスーパードライが注ぎ込まれています。お酒は、器で雰囲気が変わりますね。ビール類に限ってですが、グラスもセットで購入できるので、グラスのデザインに惚れこんでしまった私は、追加でグラスセットのビールを注文しました。

続いて飲んだものは「ヤンの紅茶入りブランデー」です。銀河英雄伝説の劇中でヤンがユリアンにこっそり注がせていたあの紅茶です。ブランデーは、初体験でしたので大人の味だなぁと思いました。欲を言えば、ドリンクが温かったので熱いか冷たいかはっきりして、欲しいなぁと感じました。

私の趣味が全開で大変恐縮ですが、今回は東京・上野にあるダイニングカフェ・イゼルローンフォートレスのお話をしました。

行く人を選んでしまう店舗で申し訳ありませんが、銀河英雄伝説という物語が好きな方であれば、間違いなく楽しめるお店ですので、ご興味のある方は是非とも行ってみてくださいね。

また見に来てくださいね。

タイトルとURLをコピーしました